2020.04.24

今日は「お食い初め」について書きたいと思います。

 

お食い初め(おくいぞめ)とは、赤ちゃんの生後100日頃に、一生食べ物に困らないようにという願いを込めて、ごちそうを食べる真似をするお祝いです。

百日祝い(ももかいわい)、真魚初め(まなはじめ)、箸揃え(はしぞろえ)とも呼ばれます。

 

お食い初め膳は、鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。

 

お食い初め用の食器は、漆器が使われることが多く、男の子用は内側外側ともに朱塗りのもので、女の子用は外側が黒塗りで、内側が朱塗りのものが基本となります。

 

祝い箸は、末広がりの八寸(約24cm)の長さの、しなやかで折れにくい柳で作られた、両端が細くなっているお箸で、縁起が良いとされています。

 

歯固めの石には、「石のように丈夫な歯が生えて、長生きできますように」という願いが込められています。

 

赤ちゃんに食べさせる真似をする役は、長寿を願う意味から身内で最年長者が行います。

男の子なら男性が、女の子なら女性が行います。

 

食べる真似をする順番は、「赤飯→お吸い物→赤飯→魚・煮物→赤飯→お吸い物」の順で3回繰り返します。

この後、歯固めの儀式を行います。

歯固めの石に、お箸を当ててから、「石のように丈夫な歯が生えますように」という願いを込めて、赤ちゃんの歯茎に優しく当ててあげましょう。

 

お集りのみなさんで記念の写真を撮って、大人の方たちでお食い初め膳をお召し上がり頂きます。

配送エリア

 

地図は配達エリアの目安となります。
福山市を中心にお届けしています。
詳しくはご相談下さい。

ご注文・お問い合わせ

グリル壱乃蔵
【受付時間】 10:00~19:00 【定休日】 日曜日
壱乃蔵
【受付時間】 13:00~17:30 【定休日】 日曜日

ごあいさつ

いつも壱乃蔵をご愛顧、ご利用いただき、まことにありがとうございます。 会社や家庭でも壱乃蔵の味が楽しめたら、との、 ご常連様の声から始まった壱乃蔵のお誂え弁当も おかげさまでスタートから12年が経ちました。
壱乃蔵のお弁当は「ふたを開けた途端、思わず笑みがこぼれます」を コンセプトにしております。
お客様がお弁当を手にし、まずふたを開けた時、 その彩りと豪華さに「笑顔」 そして、ひと口召しあがった時、その美味しさに満面の「笑顔」の 2つの笑顔と感動をお届けするため、スタッフ一同、毎日努力しております。
何卒今後よろしくお願い申しあげます。

代表取締役  
店主 林 倫男